読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログって奥が深いんだと感じた2月はあと1週間

どーでもいいこと

色々な人がいて、色々なブログがあって、

他の人のブログを眺めているだけでも楽しいので、

思い切ってブログを始めてよかったなーと感じている松下です。

 

ただ最近は忙しくってあんまり見れてませんでしたー(´;ω;`)

 

さて、こんなブログ初心者の松下ですが、

ブログを始めて一つ気づいたことがあります。

ブログには2つの種類があることを・・!

そしてその2つには長所と短所があり、互いに反作用していることを!

 

 

その1つは、自分の思ったことや、日記を綴っているブログ。

感情を記事にするので、僕は「哺乳類タイプ」と勝手に命名していますw

 

 

2つ目は、ハウツー記事などの、検索を狙ったアフィリエイトブログ。

情報が主となって、筆者の感情は現れないことが多いので、

これまた僕は「爬虫類タイプ」と命名しています。

あ、そうです。僕も知らなかったんですが、爬虫類の皆さんは

学術的には「感情がない」とされているそうです。

こんなこと言われたら、感情ってなんやとか・・・

 

哺乳類タイプのいいとこ悪いとこ

良くも悪くも、その人の個性が出るので、親近感が湧きやすい。

ちょっと悪いところは、外部から人が見に来てくれないので

はてなブログ内だけの交流になりがち。

 

爬虫類タイプのいいとこ悪いとこ

悪いところはやっぱりビジネスだから、ちょっと冷たくみられる。

っていうか、絡みづらい。

ずっとアクセス数を気にしないいといけない。

でもアクセスが増えたらお金も入る・・?

 

 

もっとあるかもしれませんが、僕が思いついたのはこのくらい。

そもそもなんで僕が、この2つのタイプを意識しだしたかというと、

あるマイナーなソフトの導入手順を記事にしようと

思ったのがきっかけなんですけど・・

ふと、この爬虫類タイプの記事を書いても、読んでくれる4人の読者さんは

あまり興味ないんじゃないかと思いまして。

そう!嫌われるのが怖いだよ!!!! アクセスも欲しいんだよ・・

もっと読者増やしたいよおおおおオオオオオ!!!!(ヘルメットおじさんB風)

 

ここが2つの対立するところですね・・

爬虫類タイプの記事を書けば、その特性上アクセスは増えるカモしれないけど、

ブログのイメージはズレてしまいますよね・・

 

 

とまあ、結局取り留めのない感じになりましたが、

こんな感じで、書きたいことを書いていくのが一番だと思いました!

意外と奥が深そうで、実はシンプルだった・・?

とりあえず、今日は眠すぎるのでおやすみなさい!